毛皮の生産や流通を管理する協会

毛皮の生産や流通を管理する協会

過去には毛皮が採取される動物を乱獲することによって、その動物の数を非常に減らしてしまったり、時に絶滅させてしまうことがありました。現代になってその反省を踏まえ、採取を抑制するために協会が設立され、徹底的に管理がされてはいるのですが、未だに密猟によって違法に採取された毛皮が流通しているのが現状です。 協会は主に毛皮の元となる原皮の生産量の監視や、輸出入される毛皮の管理、産業全体に関する調査研究、情報の収集や提供などを実施することによって、産業が健全な状態であることを維持するのが目的となっています。 正しく毛皮を管理、使用することによって経済や文化の向上に貢献する活動を理念として協会は活動しており、取り扱う業者や業界の関係者向けにセミナーを行なったり、一般消費者向けにイベントを開いたりと、協会の哲学を広く普及させることによって、一部では批判の大きい毛皮業界に関して理解を得て、より普及させようとしています。