毛皮に使用される様々な動物

毛皮に使用される様々な動物

動物の毛皮を使った衣服は、高級で着用することが一種のステータスとされていますが、実用面としても非常に温かく重宝します。一口に毛皮と言っても、様々な動物のものがあり、それぞれ特徴も異なります。 価格的に安めの動物としては、ウサギやジャコウネズミが知られており、特にウサギは染色も容易で広く流通しています。また、日本人になじみの深いタヌキやキツネも毛皮として使用されています。 高級毛皮の代名詞と言えるのは、やはりミンクの毛皮でしょう。肌触りはもちろんのこと保温力に優れており、かつ耐久性も高いことから、養殖によって40近くの種類が生産されています。チンチラも軽く温かいと評判が良く、また希少価値が高いことから、やはり高級な素材とされています。 また、近年では英名でリンクスと呼ばれるオオヤマネコも大変人気で、その秘密は模様の美しさにあります。白い腹部に暗褐色の斑点が映え、個性的な毛皮を好む方に重用されています。